米空軍第50宇宙航空団の2011年1月19日付けリリースによると、Expandable-24と呼ばれるGPS衛星配置最適化計画の前半作業が完了した。

このリリースによると、Expandable-24のフェーズ1は2010年1月13日から2011年1月18日の期間で実施された。
フェーズ2は2010年8月に始まっており、完了は2011年6月となる予定。

作業の基本内容は衛星軌道の最適化で、A~Fの軌道上に配置している各衛星間隔の均等化を行っているものとみられる。
米沿岸警備隊提供のGPS衛星群ステータスによると、現2011年1月19日時点では、A/C/D/F各軌道にそれぞれ5基、B/E軌道に6基づつのGPS衛星が配置されている。

文責 大河内